スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
引っ越します(あ、ブログをです!)
このFC2ブログ、
最近記事を書いている途中に突然ダウンしたり
次の作業に進もうとしても
「サーバが見つかりません」表示になって
結局それまでやっていたことが無駄になってしまったり
ということが頻繁に起きるので
あまりに時間と労力の無駄が多くてイヤになりました。
(私が記事を書くのに時間がかかりすぎるせいか?)

というわけで、突然ですが
別のところのブログを試してみています。
調子良さそうなら、
そちらに完全引っ越ししたいと思っています。

今後はそちら(「のろまなカメの一人言3」)をよろしくお願いします。

スポンサーサイト
[2013/06/15 08:15 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
誕生日



とりあえずアップロードするために写真だけ送ったところに
早速コメントいただいてしまったので、
少しだけ文章も付け足しておきます。
(コメントの後になりました。すみません、U-mamaさん。)


10年かあ。。。長いような短いような。

これまでよく頑張ってきたね。

おめでとう。


[2013/06/14 08:13 ] | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
4年運動会
今年も運動会が行われました。
今年は父ガメが出張でいない上、
ビデオ(DVDと言うべきか)の充電装置がみつからず
ビデオ撮影はあきらめ、
カメラだけでも、自分の小型のじゃなく少しでも高機能のを、
と思って借りていったのが失敗のもとで、
画素数大きすぎて、このブログには直接取り込めなかった・・・

というわけで、リサイズする方法を数日かけてさがして
ようやくアップロードでき、
記事を書く準備ができました。
と言っても、私の腕では、撮った写真はイマイチですが・・・

特別なことは特にありませんでしたが、一応運動会のご報告を。
続きを読む
[2013/05/31 06:47 ] | アイ小学校 | コメント(8) | トラックバック(0)
4年生の日常
少しずつ、新しい生活のペースに慣れてきました。
というか、前よりラクなので、すぐに慣れました。
今までいかにキチキチ余裕のない生活をしていたかということを
何かにつけしみじみ感じております。
ただ、このラクな状況に慣れてしまうのがコワイ。。。
(これからいろんな役員の仕事が始まるというのに)

つい一ヶ月前には、
この3年間せっかくいい仕事の経験を積んだので、
ぜひ一年後にはまたフルタイムに復帰したい!と
強い決意を持っていたはずなのに、
この一年はそのための準備期間のつもりだったのに
1ヶ月過ぎただけで、もうその気力が崩れそうになっています。
というか、すっかりこのペースで生活が続く気になって
アイの習い事さがしなど始めております。。。
(ただ、欲張りなため、なかなかちょうどいいものがみつからない・・)


続きを読む
[2013/05/14 15:55 ] | アイ小学校 | コメント(2) | トラックバック(0)
本が出ました
そのうちご紹介しなければと思いつつ
自分が書いたわけでもなく、
それでも、身内やアイを小さい頃から知ってくれている人には
アルバム&近況報告代わりに喜んでもらえるかもしれないけれど
それ以外の人には、どんな価値があるのか
もう一つ自信が持てず、
何と紹介したらよいやらまとまらないで、
ずるずる延ばしてきました。
(もう一つは本の画像をつけてリンクさせるやり方がわからない、という
 基本的なPC操作の知識不足も理由でしたが・・)

でも、こうして長い期間にわたって、
アイとそのまわりの子どもたちや人々を温かい目で見つめて
素敵な写真と言葉で表してくださった記者さんと、
特別感動的なストーリーがあるわけでもない、ごく日常生活の断片でも、
これを本にしようと言ってくれた出版社の方の
熱い思いに後押しされて、せっかくできあがった本なので、
やっぱり一度きちんと自分のブログで紹介しておこうと思います。




これは、読売新聞の記者である高倉正樹さんが、
1年生の時からアイを取材してくださって
読売の宮城県版に「アイちゃんのいる教室」というタイトルで
連載記事を書いてくださり、その1・2年生の時の記事をもとに
今回子ども向けに書き直してくださったものです。
(ちなみに、新聞の方は3年生編もこの2月に載りました。
 写真は見られませんが、記事はネットで読めると思います。)

写真がいっぱいと、
アイの書いたへんてこな絵が、ところどころイラストとして使われています。
お友達のお手紙や日記、アイの日記や作文の一部も載っています。
そして、何と、題字と各章のタイトルの文字だけ
子どもたちが小さい頃から親しんでいた絵本作家の荒井良二さんに
(NHK教育では「すきまの国のポルタ」なんかでおなじみです)
書いてもらうという、とんでもなく贅沢な仕上げをしていただきました。

記者の高倉さん、偕成社の千葉さん、そして取材に協力してくれた皆さん、
忙しい中快くご協力いただいた荒井良二さん、
いろんな方のおかげで出来上がった本です。
本当にありがとうございました。

ちょっと薄い割に高いですけれど(笑;うちも著者ではないので
定価で買っています。もちろん印税も入りません。念のため。)
もしよろしければ、手にとってみていただければ幸いです。
あ、いや、出版社的には、買っていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。


続きを読む
[2013/05/01 10:17 ] | ダウン症・障がい | コメント(6) | トラックバック(0)
仕事のこと
4月が終わります。
いや、すみません。
カレンダー上は、まだ4月30日も平日で
カレンダー通りのお仕事(学校)の方もたくさんいらっしゃいますね。
たまたまアイの学校も私のところもうまく代休を30日にあてて
残りの4月は連休になっちゃいました。

しかも私はスタート遅かったので
半月も働いてない感じですけど、
なんかろくに家のこともしないうちに4月が過ぎてしまいました。

それにしても、
朝も帰りも、自分が子どもを見送り迎えることができるというのは
母親としては嬉しいものです。
心なしか、兄ガメの表情も、中学の時よりやわらいできたような・・・

これまでの3年間はほんとに分刻みで追われていてひどかったーーー
というようなことを何度も書いてきましたが、
先日、それでも3年仕事を頑張ってきて良かったなと思える
素敵なごほうびをもらいました。
続きを読む
[2013/04/26 17:32 ] | 母ガメ(自分のこと) | コメント(0) | トラックバック(0)
スロースタート
3年前、怒濤のように
新しい生活が
家族みんな一斉に始まった時と違い、
私のスタートが子どもたちの一週間遅れで
子どもたちのそれぞれを気にかけながら
ゆっくりスタートできたのは
とてもありがたいことです。

フルタイムだと、仕事と家庭の割合が9:1ぐらいになっちゃいますが、
今は逆転まではいかないけれど、3;7ぐらいで
(今はまだ、仕事が3までも行ってませんが)
家庭のこと、というか仕事以外のことに、関心を向けられるのがありがたい。

定期的に送られてくる、何種類かのショウガイ児関連の会報も、
専門の英語関連の刊行物も、
毎日の新聞さえも
すっかりツン読になっていて
少し触れば崩れそうなくらい、高く積み上がっていた山に
今ようやく手をつけて、少しずつ整理しています。

新聞はあまりにたまりすぎて、今さら全部読むことはできないけれど
ところどころ目を通すだけでも
こんなに考えさせられる記事や
心を打つコラムが載っていたのに
見過ごしていたなんてもったいない、
やはりいくらネットやテレビで大まかニュースは知っていても
新聞や雑誌には、読み応えのある記事がたくさんあって
そういうものを読む時間が、やっとできたのも嬉しい。。。

そんな新学期始まって一週間、
昨日はアイの新しい担任の先生と
顔合わせの面談に行ってきました。
(昨年度はそんな時間を作り出すのにもひと苦労してました)

続きを読む
[2013/04/16 08:55 ] | アイ小学校 | コメント(5) | トラックバック(0)
新しい&久しぶりの・・・
とんでもない春の嵐の中、
子どもたちの新学期がスタートしました。

アイは、予想通り、初めて男の先生が担任です。
なんとなくそうじゃないかな〜って思ってました。
毎年新しい展開が楽しみです。

兄ガメの入学式は
吹奏楽部が披露してくれた校歌の合唱がとても美しくて
卒業式ならわかるけど、入学式でウルウルするくらい感動しました。
高校としてはやや小規模ですが、
温もりと気概を感じる、いい学校に入学させてもらったなと思います。
あとは、本人次第ですね。
別に成績がどうこうというより、
自分からやる気スイッチが入るような目標というか、
進みたい方向だけでも
この3年間でみつけていってくれたらいいなと思います。
続きを読む
[2013/04/09 11:40 ] | 家族・子育て | コメント(1) | トラックバック(0)
いよいよ新学期。
離任式も終わり、
3年間勤務した職場を去りました。
ブログでは、非正規雇用の労働条件の不満を
ずいぶん何度もこぼしましたが、
仕事の内容としては、とても面白く
私の教員生活の中では、一番勉強し、充実した3年間になりました。
泣いてくれる生徒もいて、
別れがたい思いはかなりありましたが、
そこも非正規雇用の悲しさで、3年という期限が決まっているんですね。
まあ、アイの放課後ケア体制も整えられなかったということもありますが、
ちょうど我が家にとっては、
兄の高校入学も含めて、
3年前と同じ、また一つの転換期が重なったということだと思って
気持ちを切り替えていきたいと思います。

3年間家族にはかなり負担もかけました。
というかほとんどケアできなかったこと、
特に、一番難しい中学時代の兄ガメを放置してしまったこと
かなり悔いが残りますが、仕方ありません。
あれもこれも得るというわけにはいきませんからね。

少なくともこの一年は、怠っていた家庭のケアを(多少手遅れながら)
優先しつつ、今後の、自分や家族の生き方をさぐりたいと思っています。

子どもとともに新しい生活が始まります。
続きを読む
[2013/04/07 04:41 ] | 家族・子育て | コメント(2) | トラックバック(0)
区切り
仙台市内の多くの小中学校は、昨日が修了式でした。
自分も今のクラスとお別れなので、
いろいろ最後の準備をしていて(撮っていた写真を現像したり)
あまりアイのことを気にかけてもやれずに
バタバタといつもの朝のように送り出しました。

でも、昨日は少し早めに(と言っても定時は過ぎてですが)帰れたので
修了式後はデイサービスだったアイが帰ってくるのを
家で迎えてやることができました。(いつもは兄まかせ)

帰ってきた時デイサービスの職員さんが
「アイちゃん、皆勤だったんですか?すごいですね〜!」
と言ってくれて、ハッと気づきました。
そう、アイはこの一年、一日も学校を休まなかったのです!
(おじいちゃんの忌引はありましたが)

苦しくなるとすぐ体調不良になって、簡単に学校でも塾でも休む兄と違い、
(あー、ここでもつい愚痴が入ります)
アイは本当によく頑張りました。
小学校に「皆勤賞」という賞はないけれど、
私から何よりほめたいことです。一年間の皆勤、おめでとう。

鼻水はよくたらしていたし、
咳が出て何度もヒヤヒヤはしたけど、高い熱を出すこともなく、
(週末にはあったかな。何とか学校行く日には下がって、ラッキーでもありました。)
今年度学校での2度のインフルエンザ流行もかわして、
まあ、よく一年体調を保てたと思います。丈夫になったね。
1日でも病欠されていたら、私の少ない年休はアウトでした。
アイさん、あなたのおかげで、私も無事勤務できました。
ほんとありがとう。
アイを病気から守ってくれた神様たち(なんと不信心な表現)
ありがとう。


続きを読む
[2013/03/23 06:48 ] | アイ小学校 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。